予備校・進学塾の選択方法:たくさんの友達と競いあって勉強したい
「大学進学予備校のポータルサイト」は、大学進学予備校・進学塾を比較紹介。全国の合格率が高い進学予備校や塾の情報満載。国公立大学へ合格する為の情報サイト。


【PR】カリスマ講師の授業動画数、なんと1000以上!今なら1カ月お試し無料。

自分に合った予備校・塾 選択方法 たくさんの友達と競いあって勉強したい

たくさんの友達と競いあって勉強したい
■ 高校生受験生の皆さんへ
このカテゴリでは自分に合った予備校選びを紹介していきます。たくさんの友達と競いあって勉強していきたいという方には河合塾代々木ゼミナールなど“大手の予備校”をお勧めします。やはり大手と呼ばれるだけあって、教材や受験情報、受験対策などの充実度は突出しています。過去に合格者を多く送り出した実績がありますから、データなども非常に信頼性が高く、参考になるでしょう。そして何よりも友達が多ければ勉強も楽しくできると思います。

自分に合った予備校・塾選び:予備校・進学塾選択メニュー

友達と競いあって勉強する事の意義 大手予備校

大手予備校
ライバルとも言える多くの友人と競い合うことを励みにしながら勉強をしたいという方、または、友達と同じ内容の勉強をしたいという方には、大手予備校が良いでしょう。大手予備校に通うことで、国公立大学合格、医学部合格など、同じ目標を目指して一緒に頑張っていける友達が、たくさんできることと思います。また、できるだけ沢山の友人を作るように積極的に自分から話しかける事も大切です。受験勉強は大変ながらも、友達が出来ることで境遇を共有でき、楽しく勉強することが可能だと思います。同じ目標を持つ、たくさんの仲間の中で、ライバル心を持ちながら勉強することで、そういった環境が、励みになる人、燃えるという人には、大手予備校は適している学習環境であると思います。また、大手予備校では、受験情報をもちろん、教材等もとても充実しているというメリットもあります。また、多くの大学とのネットワークや、志望校への合格者数の過去の統計データなども豊富であると考えられ、そういった面から、情報が豊富で価値があると思われます。しかし、デメリットもあります。1クラスが大人数なので、積極的に講師の先生やアドバイザーに質問などをして理解していかないと、重要なことを理解できないまま、勉強ができるクラスメートのペースで、どんどん授業が進んでしまうというケースも出てきます。
大手予備校参照サイト:駿台予備校城南予備校代々木ゼミナール河合塾東進早稲田秀英

少ない人数で丁寧に指導して欲しい:少人数制個人指導型予備校

少人数制個人指導型予備校
自分の学力に最適なレベルの授業で、ていねいに指導してもらいたと考える方には、少人数制予備校が適していると言えます。少人数制予備校は、大手に比べると、講師との親密度が高いことは確実ですし、名前もすぐ覚えてもらえるでしょう。疑問に思ったとき、その場ですぐに質問することも可能なので、内気な人にも向いていると思います。しかし、デメリットとしてあげるとすれば、大手より、講師の人数は少なく、また、有名講師のような人は、あまりいないと考えられます。 また、少人数予備校よりも、さらに少ない人数の中で、例えば1人1人個別に指導を受けたいのであれば、個人指導を実施している予備校もあります。無理矢理、合わない予備校に入るのではなく、自分のタイプにあった予備校を、よく考えた上で選択してほしいと思います。
少人数制予備校参照サイト:予備校エース三旺ゼミナール第一ゼミナールBB塾仙台文理東京予備校

友達と競いあって勉強する意味 --> 独学ではモチベーションの維持が難しい

モチベーションの維持
誰かに管理されてないと、生活習慣が直ぐにだらけてしまうタイプの方や、気持ちが散漫になり易いタイプの方は、友達と競い合った勉強法をお勧めします。試験勉強において、もっとも大事なのはモチベーションの維持だと思います。独学は、1人で勉強することがほとんどです。そのため、競争相手が多い予備校などと比べると、モチベーションが低下しやすく、周囲からの刺激や情報に乏しくライバイル心や競争心が養われにくいと言えます。【あいつにだけは負けたくない!】や、【あと1問解けてたら全国模試で100位以内だったのに惜しい!】などの【気持ちの維持=モチベーション管理】というと難しく聞こえるかもしれませんが、自然に上がったり下がったりするものでは無く、自分でコントロールする事も可能です。一人で勉強するのも良いのですが、それだけでは限界が早くきてしまいます。そこで、勉強していてもどうも気が散って仕方がないという方のために、モチベーションを維持するコツや、効果的な勉強方法を紹介します。まず、モチベーションを維持するコツの一つは、勉強を好きになろうと努力することです。勉強することでワクワクするようになると自然と集中力がついてきます。好きなゲームなら、トイレにいくのも忘れて何時間でもプレイできるでしょう!あれと一緒です。モチベーションを維持する為には、あまり血相かえて勉強するのではなく、大学入試を『楽しむ』ぐらいの気持ちで取り組むとよいかもしれません。次のコツは、自分に『厳しくする』だけでなく、『ご褒美』も用意することです。人間はムチを打たれ続けるだけでは、モチベーションを維持し続けることはできません。勉強の際には、『ここまでやったら、自分にご褒美をあげる』と区切りを決めましょう。逆にさぼり癖があり気持ちにムラが有る人は暇を作らないことです。これが意外と効果的です。たとえば、今日六時間勉強したら、1時間ゲームしても良いとか、ビデオを見てもいいとか、昼寝しても良いなど...。自分でいろいろ考えてみてください。最後のコツは、常に頭をリフレッシュすることです。このためにはまず適度な睡眠が必要になります。無理に睡眠時間を削っても疲れるだけで、能率的ではありません。 また、適度な運動も必要になります。勉強に疲れたら、軽く全身運動をする、散歩するなど工夫してください。さらに音楽を聞くのも効果的です。
個別指導参照サイト:四谷学院城南予備校赤門会アイリス河合塾代々木ゼミナール明光義塾

↑ PAGE TOP