予備校・進学塾選択:個別でなんでも相談しながら勉強したい
「大学進学予備校のポータルサイト」は、大学進学予備校・進学塾を比較紹介。全国の合格率が高い進学予備校や塾の情報満載。国公立大学へ合格する為の情報サイト。


【PR】カリスマ講師の授業動画数、なんと1000以上!今なら1カ月お試し無料。

自分に合った予備校・塾選び --> 個別でなんでも相談しながら勉強したい

個別でなんでも相談しながら勉強したい
■ 高校生受験生の皆さんへ
受験に関して不安だらけで、いろいろと相談したい。この分からない部分を分かるまで教えて欲しい。そんな方にも“個人指導の予備校”や“少人数制予備校”がおすすめです。予備校というよりは塾の雰囲気に近く、いい講師に巡り合えたなら、存分に実力を引き出してくれることでしょう。ただこのような形態を取る予備校は講師が科目を掛け持ちで行う場合が多いので、1指導レベルに若干ばらつきが出てしまうこともあります。

予備校・進学塾を選ぼう:自分に合った予備校・塾選び選択メニュー

個別でなんでも相談しながら勉強したい --> 少人数制を取る塾・予備校のメリット

少人数制を取る>塾・予備校のメリット
①少人数制を取る塾・予備校の特徴は、生徒一人一人に目が行き届き、徹底指導ができる。
②少人数制を取る塾・予備校は、レベルに合った個別のカリキュラムを組んで指導してくれる。
③少人数制を取る塾・予備校の特徴は、講師との信頼関係を築き易く、質問・相談がし易い。
④少人数制を取る塾・予備校の特徴は、臨機応変で、多少の無理を聞いて貰える可能性が高い。
⑤少人数制を取る塾・予備校の特徴は長く通っている生徒に対しては、成績を上げるために手を尽くす傾向がある。
⑥少人数制を取る塾・予備校の特徴は、保護者への対応も細やかで、生徒の状況報告や、面談も密に行う。
⑦上記の内容から、塾や予備校の授業について行けない受験生が少なく、理解度が深いため成績が上りやすい。

マンツーマン(1対1)医学部受験予備校のメリット

マンツーマン(1対1)
集団指導では、あらかじめ時間割・授業内容が定められていて、生徒それぞれの習熟度の違いは考慮されません。得意な科目も苦手な科目も同じように時間数・レベルが設定されています。そのカリキュラムについていける生徒にとっては効果的であったとしても、苦手科目は結局克服できずに入試を迎えてしまうというケースも少なくありません。また、一度授業についていけない状態になると、予習・復習が追いつかず自分で勉強するしかなくなるというケースも多いようです。 マンツーマン指導では、学習状況を把握し、効率よく学習を進めることができるように、個人別の教材・カリキュラムを決めていきます。志望校に合格するために必要な実力と現在の状況を分析して、苦手科目について志望大学の入試レベルより基礎的な内容から始めたり、得意科目についてはすぐに入試レベルの問題演習に入ることもあります。

個別でなんでも相談しながら勉強したい --> 少人数制の個人指導

少人数制の個人指導
<生徒個々の学力差にきめ細かく配慮>
高校生や浪人生の場合は、在学中の3年間の過ごし方で学力差が大きく開きます。ライバルとの学力差も、個別指導なら、自分のレベルに合った指導をしてくれるので、「授業が難しい」とか「簡単すぎる」といった問題はなくなります。
<教える生徒の受験科目はバラバラ>
国公立と私立、文系と理系など、個々の生徒の志望校によって受験科目もバラバラで、オーダーメードで必要な科目だけを指導してくれる個人指導システムは、大いに利用価値があります。
<推薦入試やAO入試に強い個別指導>
推薦入試やAO入試で書いたり、話したりする「志望理由」とは、個人個人の経験や興味によって決まります。こうした内容は、個別指導以外には困難が伴います。従って、推薦・AO入試対策にうってつけなのが、個別指導です。
<フレキシブルに対応できる個人指導>
個別指導なら、個々の事情に応じた柔軟な学習スケジュールが組めます。とくに高校生は、学校行事やプライベートな都合で、集合授業を受けられないこともあるでしょう。自分の都合で指導時間を調整できる個別指導ならば、そうした問題は起こりません。
<相性の良い先生 vs 気に入らない先生>
第五のメリットとして、指導者を柔軟に選びやすいということ点も個別指導の特徴です。学習指導においても「指導する側」と「される側」の相性によって効果には差が出ます。「相性のいい先生」と「相性の悪い先生」はいます。個性を持った人間同士のぶつかり合いですから、当たり前のことです。しかし、集合授業の場合、講師の変更は難しいでしょう。そこで、多くの個別指導教室では、生徒と指導者との相性を尊重し、講師変更制度などを導入しています。
<個別指導の弱点?>
個別指導の場合、他の生徒と自分の学力の差を肌で感じることは難しくなります。そのため、上記の5つのメリットを考えても、クラス制の講義を好む生徒も多くいます。これは性格や学力にもよるところが多いので、どちらがいいかは一概には言えません。無料体験講義を実施しているところもありますので、試してみるのもいいかもしれません。

↑ PAGE TOP