自分に合った予備校・塾選び|志望学部・学科にあった受験コースを選ぶ
「大学進学予備校のポータルサイト」は、大学進学予備校・進学塾を比較紹介。全国の合格率が高い進学予備校や塾の情報満載。国公立大学へ合格する為の情報サイト。


【PR】カリスマ講師の授業動画数、なんと1000以上!今なら1カ月お試し無料。

志望学部・志望学科にあったコースを選択 | 将来の人生設計目標を明確に!

コースを選ぶ
■ 受験生高校生の皆さんへ
予備校を選ぶにあたって、講師陣や予備校の形態だけが全てではありません。
条件に合った予備校選びの例をいくつか挙げてみました。この章では条件に合った予備校選びの中から「志望学部・学科にあったコースを選ぶ」を学んでいきましょう。コースを選ぶに際しては、将来自分がどんな職業につきたいのか、何を目指して進むのかなど、目標設定が大切に成ります。

進学塾・予備校を選ぼう! 自分に合った予備校・塾選び 条件で選ぶ予備校・進学塾

志望学部・志望学科にあったコースを選ぶ 有名予備校のコース設定

有名予備校のコース設定
ただ漠然と予備校を選ぶよりも、文系・理系、経済や法律など、自分の目指している学部や学科に的を絞った勉強をすれば、より専念できるし、そのコースに絞った講師陣ならば情報やノウハウも多くあり、合格しやすくなることでしょう。
そしてなによりも入学前にその専門の知識を勉強しておくことによって、入学後にも差がつきますし、確実なスキルアップへとつながっていくでしょう。ここでは、有名予備校のコース設定に付いてご紹介します。
良い友達と競い合い、良い講師に恵まれれば、春には嬉しい結果がきっと待っているでしょう。何よりも、予備校選びから、貴方の将来が大きく左右されます。

志望学部・学科にあったコースを選ぶ 予備校別Webコース案内

河合塾コース案内
理系コース・医系コース・文系コース・卒認定・大学受験併願コースなどがあり、地区選択が可能。
早稲田予備校コース案内高3コース
主に、ハイクラス(上級)・ミドルクラス(中級)・ベイシッククラス(基礎)で整理され選択科目を選べる。
秀英予備校・入学手続きコース選択
選抜コースと一般コース、文系・理系から選択。選抜コースはセンター試験結果や選抜試験結果で認定。
城南予備校
大きく高校部と高卒部に分かれており、講師・チューター・フェローの3人で大学受験をサポートしコース制を設けていない。
東進ハイスクール東進衛星予備校
在宅受講コースが設けられています、一例「理科の基礎範囲が終わっていない、あるいは苦手な場合」など。
代々木ゼミナール
大学受験科代ゼミ現役スクール高3・卒単科ゼミ代ゼミ医学館代ゼミ個別指導スクール|他沢山のコース…。
ECC予備校
国公立系大学コースと私立大学系コースが有り、京大・阪大コースや関外大・京外大などターゲット大学別コースが沢山
天王寺予備校
京大理系・医系EXA京大文系EXA国公立医系京大・阪大理系神大・市大理系国公立理系他多数
神戸YMCA予備校[進学コース]
個人指導コース大学受験準備コース大学受験対策コース|「よくわかる授業」を通して「学ぶ楽しさ」を実感…。
大宮予備校
大きく分けて4つのコースが有ります 。高校生コース高卒生コース高認生コース東大・国公立医学部コース
ファロス個別指導学院
現役高校生対象予備校補完&専門指導コース」が充実しており、関西エリアを中心教室が充実している。
医学部受験専門予備校YMS
医学部受験のノウハウ、医学部入試データベースを活用したテキスト、及び医学部別入試予想問題の使用。
予備校エース|難関医学部コース
医学部を目指す受験生へ、思考力・応用力・発想力のアップを3つの柱として医学部に求められるハイレベルな…。
市進予備校指導コース
高3:志望大学に合わせたコース14のコースに別れ、目標大学に合わせたテキスト・講座で現役合格対策を実施します。
真雅會国際予備校
難関国立大英語コース|難関私立大英語コース|英語科のみ(AO入試・推薦入試含む)|の3コースが設定され・・・
四谷学院
高校生コース現役生コース高認生コース|四谷学院の現役生コースは「科目別能力別授業」と「55段階」組合せ
医系学舎 難関義塾 広島
国私立医系学部・受験クラス|私立医系学部・受験クラス(私立専願型)|難関大学・選抜クラス(理系コース)|難関大学・選抜クラス(文系コース)など、医学部受験突破に特化したコースが特徴的。
北九州予備校
高校Vコース テキストは授業を受け持つ講師が毎年編集するオリジナル。全国の入試問題を見て…

失敗しない受験のコツとは?数学編 --> 数学受験のコツは暗記と応用

暗記と応用
皆さんは数学の受験問題を解くコツをどう思っていますか?「英語や社会は"英単語の暗記"や"年代の暗記"だが数学や物理は違う」と主張する人が多い。しかし本当にそうでしょうか?高校で習う数学は歴史上の天才数学者が長期間にわたる研究の末に発見していったものですね。だとすれば、受験生が10分や20分悩んだところで思いつけるはずが無いとは思いませんか?また、大学受験の数学は毎年同じような問題が何度も繰り返し出題されますね。そこには数学的センスの要求は余り無いように思えませんか?過去の入試問題さえ解ければ国立大学の医学部でも合格点に到達できるように思えます。過去問題の答えを丸暗記してもダメですよ(^。^; 受験中、問題を見た瞬間に、過去に解いたことのある問題との類似点に気づき、その際に使用した問題を解く方法を、今現在向かい合っている問題に適応させる能力があれば、解けるように思えます。もちろん公式も記憶していなければいけませんよ(^^;
公式の暗記と同じくらい「過去の入試問題からの応用力」が問われているように思えます。受験を目前にして一生懸命勉強する際の要領の良いコツとしては、
①「過去の入試問題集を反復して行い、類似問題でも異なるパターンの問題の解き方を暗記する」
②「過去問題の答えを覚えるのではなく、公式とその解き方を徹底して覚える」
③「受験の際、試験場では落ち着いて過去問題からの応用をイメージして解く」がポイントです。

↑ PAGE TOP